投稿

2019の投稿を表示しています

Z900RS MT-09 試乗

ロデオがかなり解消され、街中でもガシャガシャガクガクがボコボコ程度になり、街中をそれ程ガッカリせずに通り抜けられる様になったDiavelで気持ちよく郊外を走ってきた。
その帰りにKAWASAKI Plazaが目についたので立ち寄った。
店内をブラブラしていると、Z900RS が試乗できるとの事だったので、試乗させて貰った。Z1000MarkⅡは大好きなマシンだったので、Z900も角バージョンが出れば欲しくなりそう。

写真で見るとエンジンが小さく、ビックマシンとしてのエンジンの存在感が希薄な気がしたが、実車ではそれ程小さなエンジンには見えなかった。
跨ってみるとまず軽い、DIAVELもVMAXに比べれば驚異的に軽いが、それ以上に軽さを感じる。足つきはそれ程悪くは無く、軽さと相まって試乗車でも緊張はしない。
排気音はサウンドチューンをした迫力のある音とメディアでは書いてあるが、それほどではなくむしろ普通と言うか静か(DIAVELが大き過ぎる?)
クラッチを握ると軽い! DIAVELもクラッチは「クラッチ作動力低減アシスト機構・スリッパークラッチ機構付」の筈だが、重さが全く違って半分いや1/3程にも感じる軽さ。
走りだすと、とてもスムーズで上質感が漂う。
DEAVELのガシャガシャに比べると、機械としての精度が各段に上の気がする。
2,000でもギクシャクはほぼ無し、低速からしっかりとトルクが有り、加速も力強い。
だが、力強いが900ccなりで、驚くほどではなく、瞬発力も今一歩でもある。
ハンドル幅は広く、モタードの様なハンドリング。
比較してみると、DIAVELの勝っているところは、好みのスタイルとバカみたいな瞬発力と足つき性だけで、それ以外は全てZ900RSの方が良く出来ている気がする。

試乗を終えて、今度はYSPによってお茶をご馳走になっているとMT-09の試乗を勧められ試乗。
3気筒だからZ900よりも雑な振動やトルク変動を予想していたが、予想に反しとてもスムーズで力強く、ギクシャクもワザと虐めなければ出て来ない。
事前情報なしで乗ったとすれば、少し荒っぽい1,000cc4気筒と言われても疑わないと思う。
Z900RSよりも多少雑味は有るが、パワー感は少し上で排気量が逆に大きい様な感触。
足つきは良くは無いが、車体がスリムで軽量なので取り回しも苦でない。
Z90…

DIAVEL ロデオ対策燃調調整

イメージ
DIAVELはギクシャク対策が購入から継続したカスタムテーマ
今迄で効果が有ったのがTuneBoyと言うECUマップ変更システム。
私のDIAVEL購入時には、国内仕様は本国仕様とECUが異なり、所謂るディチューン版だったが、現在は本国と同仕様の150psとなっている。
この日本仕様の馬力を162psから112psに落としているは我慢するとしても、低速のスムースが悪くなっているのは許せない気持ちだったが、TuneBoyを使ってマップを本国仕様に書き換えて、フルパワーにもなったが何より低速のギクシャクが改善したのが嬉しかった。
しかしながら、それでも3,000rpmでのロデオ状態が、2,500prmで何とか我慢できるレベルへの改善なので、もう少し改善をしたいと思っていた。
これくらいのギクシャクは乗り方だし味だというDUCATI乗りも多いが、X-DIAVELの登場の時も、モデルチェンジするDIAVEL1260も、低速からよりスムースになったと謳っているし専門紙も評価しているという事は、現行のDIAVELがギクシャクしている事の証明でもあると思うのだが。
そういう思いを少しでも解消すべく、ネットで知ったブースタープラグなるものを購入して装着してみた。


外気温を騙して低気温情報をECUに送る事で、燃調を濃くするらしい。
こんなもので改善するなら苦労は無いと思いつつ、僅かな望みを持ちつつブースタープラグを購入。
装着してみると、なんとTouringモード2,000rpmでも、ガシャガシャがバタバタ程度にが改善し、我慢できるレベルに。
ただ気になるのは、DIAVELの存在意義である中高回転での暴力的な加速への影響なので、急いでシャシダイナモで計測してみて貰うと、途中の谷も無く非常にきれいな曲線で、体感的にも合格である。
実際の副作用としては、ECUが騙されてメーターに雪の印(外気低温の印)が出る事と、燃費が1割ほど低下する事、排気音が大きくなる事くらい。


これは使える。初めてTuneBoyを入れた時以上に効果が出るし、はるかに装着が楽。
もうすぐ、DIAVEL1260が出るけれど、マイナーチェンジやモデルチェンジ毎に専門紙では劇的にスムースになったと言ってきたが、今回はどうなんだろう。
もろ手を挙げて完璧と言うレポーターも居れば、スロットル一定維持する際の燃調マネージメント…

KLX125 3年目冬整備

イメージ
KX125を購入してから丸2年経過し3年目の冬。
調子は上々だったが、更に寒くなって始動性が悪くなってきたので、少し気合を入れて整備をする事に。
寒くなるまでは好調だった始動が、セルが引っ掛かる様になってきたという事は、真っ先にバッテリーが疑わしい。
特にリチウム系は改良されているとは言え、本来低温始動性が悪いと言われているので、その確認も含めて車用大容量バッテリーを繋いでチェック。
意外にも症状はそれ程変わらなかったので、原因はバッテリーよりも、セルモーターのパワーがギリギリだった事ではと考え、強化型のセルモーターをインドネシアから取り寄せた。
インドネシアでは、日本では生産中止のKLX125とほぼ共通のKLX150本体がバリエーション展開され現役で販売中で、カスタムパーツも豊富にあるので重宝する。
強化セルが届いたので、ついでにエンジン内部の清掃やオイル交換なども同時進行。
走行距離は2年で5,800Km。


エンジンを組立、セルを換装し、バッテリーも新型の鉛系の大容量のものに換装。
セルを掛けてみると、元気よく回転し、引っ掛かりは全くなし。
一発始動ではないが、3.4回程度のセル始動は全く心配ない状態に。
これなら元のリチウムバッテリーでも全く問題なかったのかも知れない。
早速試乗と言いたいところだが、軟弱にも寒いので始動確認のみ。


インドネシアやタイから輸入したパーツは、シュラウド・ホイール・ステップ・エンジンカバー類・セルモーター・サスペンション関係など結構多数になっている。