投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

イメージ
以前のVMAX + WR250Xのバイク2台体制から、Diavel 1台体制に一新してしばらく経った。
Diavelはマッチョな車体に似合わず、最近は昔のXJ750Eを思い出す様な軽快な運動性を楽しめるようになったものの、駐車場の問題等で会社や街中には行きづらい事には変わりなく、乗れる頻度は自ずと低い状態。

そこで、会社の駐輪場に止められる原付バイクをセカンドマシンとして購入する事にした。
候補は原付最大枠の原付2種、利便性よりもバイクとして楽しめるMT車、オフロードも走れるマルチパーパスモデル、サイズはミニバイク以外窮屈でないもの。

探してみると、スクーターは車種が豊富なのに、MT車は可成り少なく、更に次々と製造中止となっているので、選択肢はYAMAHA XTZ125とKAWASAKI KLX125位である。
XTZ125は既にプレストでは在庫限りで、キャブ車+リアドラムで中国製が気になる。
KLX125も最近製造中止が決まった様で、サイズも少し小さ過ぎる気もするが、FI + 前後ディスクと言うことでKLX125に決定。
近所のバイク屋には、グリーンの車体のみが店頭在庫だったので、こちらを購入。


事前の参考インプレでは、軽くて取り回しは良いものの、パワーがなく急な坂道では失速すると言うものが多かったので、さっそく郊外でチェック。

4st 125 空冷シングルなので覚悟していたせいもあってか、思ったよりもスルスルと増速できる。
そう、増速するという表現が自然で、加速という感じはなく、トルクは感じない。
しかし、坂道でも回転数を調整すれば加速は無理でも失速はしない様子。

ただ、車の流れには乗れるものの、やっとこさという感じで、煽ってくる車もいて余り快適ではないので、非力な分どうしても回転数を上げる必要があり、メーカー指定の慣らし回転数5,000rpmはどう考えても無理。
市街地走行でのある程度の余裕やファンバイクらしい活発さを身に着けるパワーアップカスタムは必須と感じた。

取り回しは、まさに原動機付自転車!で、軽くひょいひょいと引き摺りまわせる。
自宅でも、門を入って庭を押して歩き、テラスに置いておけるので、駐車も整備も楽々。

さっそく、弱点補強&好みにカスタムを一気に始めたが、WR250Xやトリッカーでのカスタムの経験が生きていることもあり、ふと気づくと下記の…