次期マシン選定決定

大好きながら取り回しが億劫で殆ど乗らなくなったVMAXと、軽快なセカンドマシンのWR20Xの2台の代わりとなるニューマシンへの乗り換えを検討。

YAMAHA党としては、なにはともあれYAMAHAのバイクを検討。
・XJR1300
  綺麗なバイクだが、好みのマッスル系でないためパス
・FJR1300
  大柄なツアラーは方向性が違う、乗って行くところがない!
・XT1200Z
  アドベンチャー系も候補に良いとは思ったが、車体が大柄すぎ、試乗したがパワーも不満
・MT-09 TRACER
  試乗したが軽い!、パワーはまずまずだが突き抜けてはいない。
  あくが強いとの評もあるが、VMAXからの乗り換えではグッとくる個性をあまり感じない。
  要するに余り好みでないようである。
・MT-07
  試乗したがとっても軽い!!、乗りやすい・・・が、刺激がない。実用性は抜群とは思うが。

最近元気なYAMAHAだが、こうしてみると突き抜けたマシンは少ない様に思う。
他の国産車は、HもSも乗る気がしない。
KAWASAKIはOKなのだが、候補マシンが思い浮かばないので、輸入車を検討。

という事で、BMW
・S1000XR
  軽量・パワフルで早そうだが、平凡で合理的なデザインにはすぐに飽きそう
・R1200R
  ロングランのボクサーツインの最新版に試乗してみた。
  思った以上に軽量で足つき性もよく、エンジンはフレキシブルでどの回転でもOK。
  サスはアクティブサスが秀逸で、乗り心地が良いのにコーナーはしっかり踏ん張るので感心。
  一方、ステップ位置が高く膝が窮屈で、パワーも不足はないが刺激的ではない。
  クラッチレスはあまり快適でない。
  排気音も静かめだが、メリハリのない「ブーー」という音は楽しくなく、興ざめ。
  全体的に快適だが、退屈な感じ

次に、DUCATI
・ハイパーストラーダ
  軽量で良いかと思ったが、実車をみると小さ過ぎで迫力なし。1台だけの所有では物足りない。
・Diavel
  マッシブなデザインが好みなので試乗してみる。 跨ると軽量で脚付きも両足もべったり。
  乗り出すとパワーは十分、だが乗り難い、街中での中速域パーシャルがなんと苦手なことか。
  小型バイクの様に高回転を維持して乗れと言われているようで・・・忙しない。
  排気音は、これで国内認可が取れているのかと思うほど元気で、音質は気持ちいい。

いろいろ楽しみながら考え・試乗もしたが、結局、乗り難いと思ったDiavelに決定。

新規購入決定したDUCATI Diavel Dark (公式サイトより)

DiavelはDUCATIとしてはとても乗りやすいと言われているが、だとすればその他の機種のユーザーは街中でもスポーツ走行しかしていないのだろうか。
VMAXであればどの回転域でもスムーズでアクセルだけでいつでも気持ちよく加速したが、Diavelは3,000回転以下でのパーシャルではギクシャクしてまるで昔の2Stバイク。
他社のツインやシングルでさえ、ここまでギクシャクする事は無い。
専門家の試乗レポートを見てもここをきちん報告している人は稀で、如何に当てにならないかを改めて実感。
何だかんで言っても、実用品ではなく趣味なので結局無意識に好みが最優先になる。

さて、どんな悪魔(Diavel)とのバイク生活が始まるのやら。



コメント

このブログの人気の投稿

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様