投稿

2016の投稿を表示しています

Diavel ECUフルパワー化成功

イメージ
ECUのデータ編集キットであるTune Boyを利用して、ECUのマップを書き換えた。

日本仕様が112馬力だが、ECUのマップを欧州標準仕様に書き換えて162馬力の表示になっている。


吸排気等が欧州仕様は異なると思うので、162馬力までは出ていないと思われるが、全域で明らかにトルクが上乗せされている。
だが、それよりも、低速域パーシャルでのギクシャクが大幅に改善されたことの方が大きい。
日本標準仕様では、街中や郊外を流すときには多用する2,000回転前半でギクシャクが酷く楽しめず、回転を3,000回転近くまで上げて走行することになるが、EU標準のフルパワー仕様では2,000回転前半ではギクシャクは殆ど気にならない。

書換作業は、Diavel Club Japanの親切な情報にも助けられ、準備も含めて2時間程度で完了。
アナログのキャブチューニングとは、時代の差を感じるECUチューニング。
効果は大きかったが、言い換えるとDUCATIの日本仕様の作り込みが手抜きの様な気がする。

VMAXは、母国仕様と言うこともあるが、国内仕様デチューンに際してコストアップをしてまでもしっかり作り込んでるのと対照的に思える。
DUCATIの本心がブランドを傘に日本市場を軽視しているのでなければ良いが・・・

ECUチューニング後の試乗も兼ねて浜名湖畔を走行。


これで早いだけでなく、のんびりでも可也気持ちよく走行できる様になった。
浜名湖畔を流しても可也気持ちいい


今回は、ECUチューンの他に、テールランプ、ウィンカーが違うタイプのDUCATI純正のリアフレームを追加装着し、そこに荷掛けフック代わりにスタンドフックをつけた。
ウィンカーはなぜか通常の電球だっったので、LED球に交換。
少し使い勝手が向上して、お尻も締まった感じになった。

Diavel デビュー

イメージ
新しい相棒のDiavel
ディーラーでの説明で、1,000Kmの点検でのオイル交換まではニュートラルが入り難いと言われたが、入り難いのではなくニュートラルギアは無いに違いないと確信するほど。
発進すると、信号待ちなどの停車では全てクラッチを握るしかなく、疲れて仕方ない。
ただ、VMAXよりも100Kg程度も軽量で脚付きもべったりなので、停車自体はVMAXと比べれば圧倒的に気楽。
最初のカスタムは、次の通り。
 ・ ハンドルバー換装 (AELLA ディアベル専用アルミテーパーハンドルバー)
 ・ ヘルメットロック 装着 (BABYFACE ミラーホルダータイプ)
 ・ グリップヒーター装着 (HONDAスポーツ・グリップヒーター、ディーラー装着)
 ・ レバー換装 (アジャスタブルレバー)
 ・ Puig NKスクリーン装着 (取付位置を低位置に加工)
 ・ ホーン換装 (PIAA HO-12 スレンダーホーン、取付スペースギリギリ)
 ・ リアフェンダーカット加工 (下部を丸のこでカット)



走行はクルージングが苦手で、低回転でのパーシャルはギクシャクが酷く、街中走行ではこの場面が良く現れる。
のんびりと流すのも苦手なタイプで、どの回転域でもスムースでどこからでもアクセル一発で怒涛の加速をするマッスルクルーザーのVMAXとは異質。

逆に常に加減速するような気合走行や高速走行は気持ちいいので、当面は意識を変えて、クルーザーではなくスポーツマシンと思って低いギアで走行することに。

また、流石にシャーシの剛性感は高く、ブレーキは強力かつコントローラブルで秀逸。
エグゾーストノートも標準仕様マフラーなのに気持ち良い音だが、住宅街では少し気を使う。
シートも思いの外よく出来ていて、2時間連続走行でも全く尻は痛くならない。


DUCATI乗り先輩の知人からは、慣らしと車検とどちらが先に来るかなどと揶揄われるので、早く最初の慣らしの1,000Kmを達成して、ニュートラルギアの調子を見てみたい。




次期マシン選定決定

イメージ
大好きながら取り回しが億劫で殆ど乗らなくなったVMAXと、軽快なセカンドマシンのWR20Xの2台の代わりとなるニューマシンへの乗り換えを検討。

YAMAHA党としては、なにはともあれYAMAHAのバイクを検討。
・XJR1300
  綺麗なバイクだが、好みのマッスル系でないためパス
・FJR1300
  大柄なツアラーは方向性が違う、乗って行くところがない!
・XT1200Z
  アドベンチャー系も候補に良いとは思ったが、車体が大柄すぎ、試乗したがパワーも不満
・MT-09 TRACER
  試乗したが軽い!、パワーはまずまずだが突き抜けてはいない。
  あくが強いとの評もあるが、VMAXからの乗り換えではグッとくる個性をあまり感じない。
  要するに余り好みでないようである。
・MT-07
  試乗したがとっても軽い!!、乗りやすい・・・が、刺激がない。実用性は抜群とは思うが。

最近元気なYAMAHAだが、こうしてみると突き抜けたマシンは少ない様に思う。
他の国産車は、HもSも乗る気がしない。
KAWASAKIはOKなのだが、候補マシンが思い浮かばないので、輸入車を検討。

という事で、BMW
・S1000XR
  軽量・パワフルで早そうだが、平凡で合理的なデザインにはすぐに飽きそう
・R1200R
  ロングランのボクサーツインの最新版に試乗してみた。
  思った以上に軽量で足つき性もよく、エンジンはフレキシブルでどの回転でもOK。
  サスはアクティブサスが秀逸で、乗り心地が良いのにコーナーはしっかり踏ん張るので感心。
  一方、ステップ位置が高く膝が窮屈で、パワーも不足はないが刺激的ではない。
  クラッチレスはあまり快適でない。
  排気音も静かめだが、メリハリのない「ブーー」という音は楽しくなく、興ざめ。
  全体的に快適だが、退屈な感じ

次に、DUCATI
・ハイパーストラーダ
  軽量で良いかと思ったが、実車をみると小さ過ぎで迫力なし。1台だけの所有では物足りない。
・Diavel
  マッシブなデザインが好みなので試乗してみる。 跨ると軽量で脚付きも両足もべったり。
  乗り出すとパワーは十分、だが乗り難い、街中での中速域パーシャルがなんと苦手なことか。
  小型バイクの様に高回転を維持して乗れと言われているようで・・・忙しない。
  排気音は、こ…

マシン買い替え

イメージ
街乗りに快適だったWR250X、惚れ込んで3台乗り継いできたVMAX
お気に入りで理想的な組合せだったのだが、VMAXは4年間で走行距離僅かに2,000Kmしかなく、殆ど置物状態。
パワーやスタイルなど大好きなのだが、300Kgを超える車重はガレージなどでの取り回しは正直億劫になるのと、街中に入ると4輪車以上に駐車場所に困り通勤にも使えないなどの事から、点検時などだけの走行になってしまった。

この際思い切ってVMAXを手放そうと考えたが、その場合は残るWR250X1台体制になるが、それでは非日常的刺激や迫力などが物足りなくなるに違いない。


そこで、2台とも手放して、もっと日常的に乗りやすい新しい1台に乗り換えることに決定。
条件は次の通り。

・取り回しがし易いこと
  VMAXよりも100Kgは軽量で足つきがよく押し歩きも苦でないこと

・個性的で力強いデザイン
  これがないと所有満足度は得られない

・十分な加速
  実用パワーではなく、VMAXほどではなくとも非日常的な加速感は必須

・なくても良い物
  ツーリングや高速道路は機会がないので、燃費、積載性、高速巡航、タンデムは無視

さて、楽しみながら機種選定の始まり