投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

WR250X カスタマイズ 第一弾

イメージ
納車された我 WR250X シートはゲルサブ加工して貰ったのだが、それでも余りの尻と腰の痛さに音を上げて、直ぐにワイズギア ロー&ワイドシートをネットで注文購入。 その装着に合わせて幾つかのカスタマイズを実施した。


まずワイズギア ロー&ワイドシート。 これでやっと乗る気になれた。1時間の走行でも大丈夫になった。 しかも、外観の違和感は全くない。
このシートの出来であれば、WR250Xの場合は標準仕様かメーカーオプションにすべきと思う。
ついでにEFFEX ローダウンリンクを装着し、フロントフォークも1cm強ほどの突出しをした。
ここまでやって、やっとロードモデルになった様に感じる。
足つきの事はもう忘れてしまえそうである。 定番のフェンダーレスとタンデムステップ除去でスッキリ、バイクカバーも掛けやすい。 ナンバープレートLEDライトは取付調整中
次に、上に飛び出ていたタコメーターの高さを低く、センターに移設。 ステンレスアングルはホームセンターで購入して穴径を拡大、アルミのメータステーはデイトナのインジケーターステー。 これで可成り違和感のない外観になった。
初代VMAXのタコメータの配置イメージをちょっと思い出す。




これでやっと日常的に気軽に乗れる状態になった気がする。

WR250X YSP Limited Edition 納車

イメージ
注文していたWR250Xが、いよいよ納車。
試乗では、過大な期待に落胆したものの、新しい使用状況ではWR250Xが良いと判断し、カスタマイズと共に注文していた。

こうしてみると、買換え前の我がカスタマイズ・トリッカーとなんとなく姿が似ていて、デザイン的に兄弟か従兄弟ぐらいにも思える。
試乗前からWR250X YSP Limited Edition のスタイルはとても気に入っていたので、やはり好みにハマっていたのか。


本体と同時に注文したカスタム内容は下記。

・ローシート加工 (スタンダード利用、ゲルサブ追加)
・ワイズギア ミニスクリーン
・ワイズギア LEDクリアウィンカーセット2
・ワイズギア ステップラバー
・ワイズギア リムライングラフィック ソリッド イエロー
・SP忠男 パワーボックス エキゾースト
・NGK イリジウムプラグに換装
・デイトナ 電気式タコメーターキット (LED照明 15,000rpm、ブラックパネル)
・ZETA PIVOT レバー(左右)
・ZETA アーマーハンドガード、フレームマウント
・ZETA XCプロテクター 黒
・Alphathree スポーツキャリア TypeA





ACTIVE フェンダーレスキット も注文したが間に合わず、初回点検時に装着して貰う事に。
良く回るのが特徴と言われるのを楽しむには、タコメータは必須と思って注文。
狭いハンドル回りに工夫してプロらしくきれいに装着をしてくれた。
上の写真の様に、運転時の視界では標準のメータに重ならず、メインキーの操作の邪魔にもならない良い位置であり、非常に見やすい。
ただ、横から見ると分かるように、高さ方向には可成り飛び出す形で、不自然である。
ここは少し考えて、もっと自然な装着方法を見つけよう。


早速、8割方の自動車専用道路を含む100Km弱のコースで初乗り。
今回は、新しい仲間を先入観なしの等身大で感じ取ろうと思った。

まず、乗車。
数値上はトリッカーよりも10Kgほど思いが十分に軽く、リヤを持ち上げて向きを変えたりする事も十分可能。
足つきは良くないが、両足が何とか接地し、軽いことから不安はない。
トリッカーよりも少し重く大きいが、取り回しで億劫になる事は無さそうである。

発進は気を遣うことなく普通に行える。
低速トルクは意外に普通にある事と、直進安定性が良い事で、街…