トリッカー 電装カスタム等 ツーリングトリッカー?


ツーリング トリッカー ?

街中のチョイノリは、もっぱらトリッカーになるのだが、時々は夜間走行になる。
街中走行では、ヘッドライトの照度も不足はないのだが、他のオフロード車を見かけた際に「これは危ない」と思ってしまった。
道路交通法上は適法なのだろうが、小さな行燈の様なテールライトで、はっきり言って原付スクーターよりも暗く目立たない。
オフロードを走行する為のバイクで、軽量化やバッテリー容量などの面から灯火類は道路交通法にかなう最低限の小さなものがつけられているのだろうが、夜の街中での混合交通では危なすぎる。
そこで、リアの灯火類を追加することに。
ただ、ジェネレータやバッテリー容量は変える気が無いので、トータルの消費電力を増やさない様にLED化が必要となる。
具体的には、ストップランプをLED球に変更して電力余力を稼ぎ、LEDのストップランプとナンバープレート照明を追加した。
LED化ストップランプ ダブル球と LEDナンバー灯(常時点灯)
ナンバー下の反射板はLEDストップランプ(ブレーキング時点灯)
これだけ追加すると後方からの視認性は可成り向上した。
ただ。LED化には注意が必要。
まだまだ枯れていない技術なので、光源はともかく制御側の品質に差が大きい。
自宅の熱帯魚の照明もLED製品に変えたが、ACアダプタがいかれたり、次に基板がいかれて不点灯になったりしている。
今回もストップ球は、せめて光源だけは有名メーカのものを装備した2個セットのものを選んだが、装着後半日で不点灯になってしまい、残ったもう1つの方に再交換。
直ぐに壊れてしまう品質レベルなので、良品の方もいつまで持つか不安。
少し考えてみれば、光源のみのメーカ公表と性能誇示した商品は、商品全体のメーカと性能が誇れないと言う事。

次に、節約した消費電力に未だ余裕が有るので、フロント側も視認性をアップ。
先ごろワイズギアから販売されたセロー用フォグランプを参考にしてLEDフォグを追加することに。
商品はリレー、スイッチ、配線までセットになったシリウス製LEDフォグランプを選択し、Amazonで購入。

前方にはLEDフォグランプを追加


取り付けはホームセンターでL型金具等を購入してフロントフォーク上部に行った。
ただ、配線は思ったより大変で、狭いスペース内に部品を押し込んだり、配線を通したり、電線分岐させたりで時間がかかった。

フォグをメーター横に着けたスイッチで点灯、対向車両からの視認性も良さそう
最後に、走行距離は1,000Kmではあるが、購入後3年経過したので前後タイヤも交換。
標準タイヤでは街中の低速走行でフロントが少しヨタヨタするのも気になっていたので、もう少しオンよりと言われるIRC GP201に前後共チューブも一緒に交換・窒素充填して貰って、ついでにオイルとフィルターも交換。
最近のホイールバランスは、昔の様にスポークに鉛を巻き付けられないそうで、リムの内側に小片を貼り込む形の様で、少し違和感を感じる。

IRC GP201装着
ダート走行性能は確実に低下したと思うが、そもそも走行するのはドライな未舗装路程度なので、より実際の走行条件に合ったタイヤに成った様である。
低速時の直進性が上がり、グリップ感や静粛性もアップして満足。
フォグの効果は対向車両からの視認性は向上したと思うが、余り期待していない前方照度UP効果は未だ夜間未走行なので未知数。

コメント

このブログの人気の投稿

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様