投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

トリッカー カスタマイズ2 マイナーチェンジ?

イメージ
早いものでトリッカーを購入してから後2か月で3年になる。
最近のバイクは、材質や表面処理の品質が上がっているので、70年代80年代のころに比べれば圧倒的に錆びにくい事を実感する。
実際にトリッカーで錆びてきたのは、エキパイとリアキャリアで、昔は直ぐに錆びていたホイールやフロントフォークは点錆びもない。
標準エキパイはスチールの耐熱塗装仕様だが、せめてステンレスにして欲しかった。
昔乗っていたXT200やTLR200のエキパイも同仕様であったが、直ぐに錆びて何度も塗装し直したものである。
それ故、何れエキパイはステンレスかチタン製に換装しようと思っていたが、低速トルクもなかなか良さそうな力造のチタンエキゾーストパイプが出てきたので化粧直しにと購入しておいた。
リアキャリアはワイズギアのオプション品だが、他の部分との品質差が大きく残念。
ここまでは想定内だったが、予想外だったのはお気に入りだった丸直製のシートの汚れが落ちなくなってきたこと。


大した汚れではないものの洗剤で洗ってもディンプルの中の汚れが定着して落ちない。
折角のきれいな色の場所だけに余計にくたびれて見える。
ここもついでに化粧直しの1メニューとして、シート表皮のSPIPRAL パフォーマンスシートカバーとタッカーも購入し、自分で張り替えた。


さて、防水用のビニールシートも挟み込み、皺もなく張替もうまくいったし、これなら汚れも目立たないので、そろそろ全体の化粧直しを始めるかと思っていたところに、オークションの自動アラートで「TY-S 外装キット」を発見。

このシートは幅広ですわり心地が良いと聞いていたし、昔乗っていたTY125を彷彿させる少しノスタルジックなGKによるデザインも気に入っていたので、落札してしまった。
ついでに、フロントフェンダーもイメージチェンジでOSCARのアップタイプフロントフェンダーとセパレートダウンフェンダーも購入。

結局、SPIPRAL パフォーマンスシートは一度も座ることなく、本格化粧直しを行った。


TY-S 外装キットの取り付けは、オークション売主から説明書を頂いたので、何度か取り付けなおしながらも何とか自力で取付できた。
シートはシングルシートになるので、リアステップはステーごと取り外したが、これが結構重い。
TY-S 外装キットには、リアフェンダーもあるのだが、ずいぶん…