新型VMAX コルビンシート

コルビンシート装着完了VMAX

私のVMAXは、ワイズギアのローダウンシートを装着しているので、ノーマルよりも足着き性は良くなっている筈だが、停車時に少し内股に当たって足が自然に下ろし難いし、取り回しの際はもう少し楽に足が着けばと感じていた。

そんな中、VMAX1700にも、コルビンシート(フロントサドル)を装着されているのをネットで見かけ、有名なメーカーでもあるし写真を見る限り質感も足着き性も良さそうなので、購入を決定。
しかしながら、国内では販売がされていないので、米国販売店からの輸入になる。
輸入と言っても、昔に比べれば楽なもので、TORRANCE, CA のwww.korpcycle.com が親切な販売をしているし、海外支払もネットバンキングであっさり完了。
費用は送料込みで$418.35 、納期も1か月程度で思ったよりも早かった。

届いたシートの第一印象は、なんといってもズシリとした重さ。
シートベースが鉄板で出来ているかと見てしまった程。
また、表は兎も角、裏側の精度はそれ程高そうではない。
取付に際しては、バックレストや部品を標準品から移植する形になっている。

コルビンシート裏側、ごつい・重い・固い

ワイズギア ローダウンシート




準備が出来たので、早速装着してBefore/After的に比較したのが下の写真。


ワイズギア ローダウンシート
コルビンシート

比べてみると座面はコルビンシートの方が平たく広く、同時に前部の股
の辺りはワイズギアよりも更に絞り込まれているのが分る。
コルビンシートに付いて居るエクボは、組立時に付けてしまったものだが、翌日には消えていた。

乗車してみると、股の辺りの絞り込みで、足が自然に下ろせて足着き性がよくなり、エンジン停止で乗ったままでの取り回しが楽になった。
走ってみると、ブレーキング時に表面が少し滑りやすい様だ。
ただシート前部の絞り込み効果でニーグリップをし易くなったこともあって、実用上は問題ないレベルである。
形もよく見れば、ワイズギアのスムーズな形に比べて、モコモコした感じではあるが、有機的で筋肉質にも見えて逆にMAXによく似合っていると思う。
2時間ぶっ続けで乗ったがお尻は痛くならず、シートとしては良い出来と思う。


コルビンシート装着VMAX









コメント

このブログの人気の投稿

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様