OX PECO 帰還 インター11

サイクルハウスしぶやにカスタムをお願いしていたPECOが帰ってきた。
標準の内装3段から内装11段のShimano インター11に換装である。

サイクルハウスしぶやにお願いしたカスタムの部品と作業は下記の通り。
 部品
  OXBIKES  PECO Alfine用リアエンドパーツ
  SHIMANO SG-S700S 36H 内装11Sハブ ALFINE /BLACK
  SHIMANO CS-S500 [18T] (スプロケット)ALFINE
  SHIMANO SL-S700S 右レバー 11S  ALFINE /BLACK
  SHIMANO SM-S700 小物
  SHIMANO SM-RTAD10 (ディスクローター変換アダプタ)
  CNSPOKE ステンレススポーク・ブラスニップル 24セット*シルバー
 作業
  ホイール組み&コンポ交換

早速、ハンドルを用意していたPOCCIの時と同じDOPPELGANGER フォールディングハンドルバー、Shimanoグリップに交換してから試乗。

インター11に換装したPECO


インター11のアップ
会社までの通勤に使ってみたが、小気味よくて大正解!
今までは、平地での足への負荷が足りずに少し空回りする感じがしたが、インター11であればしっかり足に負荷がかけられる。
逆に低速側は可成りの坂でも段数に1/3程度は余裕が残るほど。
インター11には18Tと20Tの2種類があるとのことだったが、18Tを選択して正解。
これならフロントギアをもう一段大径化しても良い程だが、12インチの小径車には危険すぎる速度域になるので、実用上は既に十分か。

また、予想外に良かったのがノッチ音。
小径車はホイールの回転数が高くなるので、ノッチ音が気になることも少なくないが、PECO標準であった内装3段は可成りのノッチ音が出ていて、折りたたんでオフィスビルを歩く際には気が引ける程だったが、インター11は殆どノッチ音が出ない。
内装3段から可成り精度向上しているのであろう。
唯一気になる重量は、インター11単体で1.6kgとのことなので、外装変速と比べても重量増は僅かと思われ、特に押し歩きが実用的なPECOにとっては全くデメリットにはならなかった。


自分の定番、折畳ハンドル
ワンタッチ、高剛性


何れにしてもPECOのインター11化は大成功。
メーカーもこれをライナップ化すべきと思う。
別途購入したPOCCIは14インチ外装8段で気に入っているが、PECOのインター11仕様は更に上を行ってくれた。
比べてみると・・・・
走行安定性は、タイヤサイズの差により僅かにPOCCIの方が安定しているが、PECOでも小径車とは思えない安定性があり、ファットな外観も含めて好みで選べる範囲。
ノッチ音は、
PECO内装3段 > POCCI 外装8段 ≫ PECOインター11
で圧倒的にインター11
変速性能は、街乗りであれば正直PECOの内装3段でも十分であるが、実用車ではなく趣味のものなので、変速カバー範囲が広いインター11が圧倒的に楽しい。
今からは自転車に乗る時は、殆どPECOインター11になりそうである。

サイクルハウスしぶやさん、ありがとう!!

コメント

このブログの人気の投稿

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様