OX PECO カスタム第一弾

久しぶりに気に入ったミニベロ、OX PECO。
花粉症も気にせず通勤に何度か利用。
物置からサッと取り出し、結構スポーティに走って浜松城公園を抜けて通勤、勤務先に到着後はビルの階段を担いで上がれば結構な運動になるし、何より気楽で道中気持ちいい。
でも、乗り始めると弄りたくなるは、バイクも自転車も同じ。

カスタムの第一弾は、折り畳み後のサイズと取り回しを更にコンパクトに出来る様にハンドルを
ストックの折り畳みハンドルに交換。それに合わせてグリップとペダルも交換。

ハンドルとグリップ交換


ハンドルを折り畳む


全部折り畳んだ雄姿

これでかさ張るハンドルも小さく収納出来て満足。
気になるのは、ハンドルの剛性だが、接合部をきちんと閉めればがたつき等はなく、十分な剛性で安心して走行できる。
ペダルは標準が樹脂製の折り畳みで、強く漕ぐと少したわむ様な気がしたので、金属製の折り畳みに交換。
グリップは、実は2回交換。下の写真が最初に替えたもので、見た目は精悍で良いが少し振動がダイレクトに手の平に響いて痛くなったので、扁平型を購入して再換装。




折り畳みハンドル、折り畳みアルミペダル、グリップ何れも標準部品よりも少しづつ重かったので、初回カスタムは軽量化にはならず。
しかしながら、収納性や押し歩きなどは非常に良くなったし、何より相棒感がUP。




コメント

このブログの人気の投稿

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様