投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

OX PECO カスタム第一弾

イメージ
久しぶりに気に入ったミニベロ、OX PECO。 花粉症も気にせず通勤に何度か利用。
物置からサッと取り出し、結構スポーティに走って浜松城公園を抜けて通勤、勤務先に到着後はビルの階段を担いで上がれば結構な運動になるし、何より気楽で道中気持ちいい。
でも、乗り始めると弄りたくなるは、バイクも自転車も同じ。

カスタムの第一弾は、折り畳み後のサイズと取り回しを更にコンパクトに出来る様にハンドルを
ストックの折り畳みハンドルに交換。それに合わせてグリップとペダルも交換。





これでかさ張るハンドルも小さく収納出来て満足。 気になるのは、ハンドルの剛性だが、接合部をきちんと閉めればがたつき等はなく、十分な剛性で安心して走行できる。
ペダルは標準が樹脂製の折り畳みで、強く漕ぐと少したわむ様な気がしたので、金属製の折り畳みに交換。
グリップは、実は2回交換。下の写真が最初に替えたもので、見た目は精悍で良いが少し振動がダイレクトに手の平に響いて痛くなったので、扁平型を購入して再換装。




折り畳みハンドル、折り畳みアルミペダル、グリップ何れも標準部品よりも少しづつ重かったので、初回カスタムは軽量化にはならず。 しかしながら、収納性や押し歩きなどは非常に良くなったし、何より相棒感がUP。
 

気に入った! OX PECO

イメージ
時々思い出した様に少し乗ってみるものの、散歩程度で終わってしまっていた自転車。 一番最近のモデルは折り畳みの機構が面白くて買った5Linksで有ったが、どうも面白味が続かない。チョイノリには可成いい出来の自転車であることに間違いないが、折り畳み機構以外にわくわくを持続させるものが少ないようだと、滅多に乗らなくなった原因を5Linksに押し付けてみる。


理由は主に3つ。

1つ目は、走行性能。20インチに達しない小径車は走行性能が落ちることは経験済みではあるが、その中でも頑張っているものとそうでないものの差がおおきいのも事実。
5Linksはハンドリングは不安定で、まず手放し走行できないし、立ち漕ぎも出来る気がしない。
また、マスの集中は良いがシートポストとハンドルポストが中央フレームから長く出ている構造なので剛性面では不利であり、事実全体がフニャッとした印象で、走っていて楽しい要素が希薄である。でもこれらは試走しなくても写真をよく観察すれば、そのジオメトリから十分想像できた筈でもあるので、それは5Linksのせいではない。

2つ目は折り畳み機構。
5Linksの折り紙の様な巧みさを持つ折り畳み機構が衝動買いさせた最大の魅力である。
しかしながら、巧妙であるだけに折り畳み手順が直観的でなく、暗くなったり急いでいたりするとうまく折り畳み/展開が出来ないし、不十分な場合はフレームが破損してしまう点(経験済み)。

3つ目は、メカとしての面白味や美しさ。
折り畳みに関しては、このメカとしての面白味の1つであるが、その他のメカとしては、頼りないタイヤやハンドル、ディスクブレーキではないブレーキなど、乗り物としてのメカの力強さや満足感は希薄である。
ここは全くの好みであるが、マッチョなメカの方が面白いし大好きである。

そんな事を考えている時期に、今度はOX BIKESのPECOと言うモデルが気になり始めた。
5Linksよりさらに小さい12インチモデルではあるが、ブリヂストンの生産終了してしまったトランジットコンパクトと言う昔のモデルにも似た折り畳みモデル。
メーカーはスポーティな車椅子なども製造しているOX エンジニアリングで、デザイン性も良いが何よりファットな小径タイヤにディスクブレーキなどのメカが高密度に詰まった感じが好みにぴったり。
写真を見ても走行性…