DeAGOSTINI

週刊で部品付きの雑誌が販売され、とり続けるとオブジェクトが完成するという有名なDeAGOSTINI。
以前、同様の付録付き週刊誌で大型のラジコンバギー車を子供と楽しみにしながら取り始めたことがあったが、途中で廃刊となり手元には一組のタイヤとサスペンションしか残らず、裏切られた記憶があった。
が、今回は業界トップの雑誌社からのバイク関係であることから、CB750をとり始めた。
http://deagostini.jp/hcb/
「創刊号は690円」と言うあれである。
創刊号は690円の雑誌に、部品の中でも一番特徴的でコストの高そうなタンクが付いてくるので、衝動買いする人も多そう。



1/4スケールのモデルはめったに無い大きさで、材質も金属部分が多く、単体のスケールモデルとして見ても魅力的。
車検もガレージも要らない!!\(^o^)/
定期購読を申し込んだので、デフォルトで2週間毎に2冊づつ送付されてくる。
しかしながら、80巻で完成なので80週、約1年半かかる。
週によっては、部品を取り出して保管するだけの号もあり、じれったいこともあった。



記事の方も、CB750FOURだけにとどまらず、時代背景や技術、他メーカ商品なども掲載され、YAMAHAやVMAXも掲載された。
ただ、仕方ないけれど、掘り下げは浅い。


途中、2回ほど部品を破損させてバックナンバーを取り直したし、組立指示が不十分なところを適当に進めたことで先々で不都合が起きてメインフレームを曲げ加工する羽目にもなったが、72号でやっと自立するようになったので記念写真。


フロントフォークを取りつけて初自立!


ライト、ウインカー、メーターもLED点灯


エンジンは圧巻、ケーブル類もリアル、エンジン音も実録音が再生される
後残すところ2か月程度、完成が楽しみ。
でも、VMAXは出ないだろうな・・・

コメント

このブログの人気の投稿

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様