投稿

2012の投稿を表示しています

ハーレー? ・・・・ じゃねぇ

イメージ
hpi 1/6 Scale YAMAHA VMAX Movie Masterpiece Deluxe 1/6 Scale Terminator-2 T-800 

どちらも驚くほど精巧で、同じスケール。

トリッカー ホーン再換装

イメージ
何時もバイクを購入すると、ホーンの換装を行っていて、トリッカーも例にもれず「ぺー、ペー」という情けない小さい音の純正ホーンから、「ファー、ファー」という十分な音量の小型の渦巻き型のPIAA Sports Hornに替えていた。


渦巻き型としては小型で干渉はしないものの、やはりトリッカーに対しては大きさが目立つので、も少し小型のミツバ アルファⅡコンパクトを購入して換装を試みる。



カタログ値では、PIAAよりもう少し小型の表記だったが、PIAAのダストカバー部を除いた大きさは殆ど同じであった。 まぁ折角なので、取付位置の変更も含めて換装実施。 事前に音の違いを確かめたところ、PIAAよりも音量は少し小さく、音質も少し単調。 純正が「ペー、ペー」で、PIAAが「ファー、ファー」なら、アルファは差し詰め「パー、パー」で少し牧歌的だがトリッカーなら返って似合っているかも知れない。 取付場所は、前回は純正ホーンの取付場所につけていて、大きさがあるので蜂が巣を作った様にも見えていたので、前寄りのサイドカバーに目をつけた。 ここには本来携帯用書類と工具が収納されているが、工具はおもちゃのような品質だし、乗車時は自転車乗車時と同じように携帯用工具をバックに入れて行くと割り切り、サイドカバー内部の収納ケースごと取外した。 そこにできた空間に、まず、中央にステーを取付けて本体を左側に振ったが、カバーが閉まらない。

次に右にステーを取付て本体を中央に押込むと、まるで初めからこのホーンを想定して設計されていたかの様にぴったりでカバーもちゃんと閉まる。


ただ、サイドカバーをつけると、雨には良いが音量が下がるのではと思い、サイドカバーにドリルで穴でも開けるかと思ったが、カバーを見るとスリットのようなデザイン部分が有ったので、ダメもとでカッターを入れると以外にもポロッと簡単に切り落とせた。



時間がないのでスリットは1個だけでやすり掛けもなしだが、これでフレーム回りはすっきりして機能的にも上々。 地味なカスタムだけれど、お勧めです。

トリッカー カスタムシート

イメージ
ノーマルシートの改造を依頼していた丸直から、完成シートが送付されてきた。
とても丁寧な梱包を開くと、納品書と共に品質保証カードと言う工程別のチェックシートが同梱されていた。
失礼ながら、シートのアンコ抜きと貼りなおしは、職人さんの個人作業かと思っていたが、各工程に分業されそれぞれの工程での責任者も明確にされている様子で、しっかりした仕事が窺えた。
改造内容の依頼としては、カラーリングをキャブレター仕様時代の純正シートのイメージを伝え、アンコ抜きを乗り心地優先で最大2cm程度と言うことでお願いした。

早速、車体に取り付けてみた。
上から順番にノーマル(カタログ)、Y's GEARカスタムシート、丸直カスタムシート







まずは外観。
Y's GEARカスタムシートが、キャブレター仕様時代のものなので、タンクとの間に1cm程度の隙間が出来てしまっていたが、今回のシートはノーマルシートを改造してもらったのできちんと収まった。
シート表皮はディンプルを指定してたが、滑りにくく柔らかい素材で品も良い。


さて、シートはやはり乗ってみないと言うことで出発。
乗った感じは、表皮の影響だろうか、スポンジは変わっていない筈なのにノーマルより柔らかい感じがする。しかし、柔らか過ぎる事はなく、ポジションの自由度も制限されていないので、なかなか具合が良い。
ノーマルでは、1時間で尻が痛くなっていたので、続けて乗ってみたが、正直劇的な変化はないものの、1時間ではそれほど痛くならず、まだまだ乗れるという感じである。


シートのイメージも変わって、乗りやすくなり、それで費用は13,620円(税込)なので、これは可也お買い得ではなかろうか。
丸直さんに感謝!!

ところで、吸排気カスタムをしたエンジンであるが、本当にスタートで気を使わずに済むようになった。今までは、少し半クラッチを利用したり、アクセルを開け気味にしないとエンストしていた事から解放されて本当に乗りやすくなった。
燃費は、普段は使っていないので余り気にしないが、吸排気カスタム後の燃費が35km/lとなった。今までは平均25km/lだったので、大幅に伸びている。
トルクアップも燃費向上も、走行距離がやっと500kmを超えてエンジンに当たりがついてきたことも有るかもしれないが、吸排気カスタムの効果も大きいと思…

トリッカー 吸排気、外装カスタム

イメージ
トリッカーを購入して2年弱、今だに慣らしが終わらず、ここのところは乗っている時間よりもいじっている時間の方が確実に長い。
単気筒は気楽にいじれるの点も良いところ。

珍しく2時間ほど浜名湖周辺を走ったが、尻がいたくなったので、シート交換を決意。
VMAXのY's GEAR ローダウンシートがなかなか良いので、トリッカーも同じくY's GEAR製を探したが既に生産終了しており、どこかのシートメーカーにカスタムを頼もうかと思っていたところ、Yahooオークションで未使用の出品を発見。
無事に落札し、オレンジの車体に一番合いそうなレッドのツートンシートはなかなか良い質感。
良い商品を譲ってもらった。
オークションはついつい癖になるのだが、今回もやはりマフラーまで買ってしまった。
マフラーは標準の排気口が原付スクーターの様だったので、買ってみた。



また、オークションと並行して、いくつか部品を購入。
まずは、元々少し雑な精度の製品だったハンドルガードのハンドルエンド部分のボルトが馬鹿になっていたので、しっかりしていそうなメーカの製品も合わせて購入(ZETA アーマーハンドガードベンド チタンカラー + XCプロテクター ブラック)


次にマフラー関係。
SS300は、製品カタログを見てもマフラー接続部の隙間が外観上好みで無いのと、やけど対策が必要と考えて、標準のヒートガードを移植することにした。
これは他のトリッカーユーザーの方がHPで親切にアップされていたので、それを参考にした。

 それによると、ステンレスバンドにクリップナットを取りつけて、そこに純正のヒートガードをボルト止めが出来るらしい。
近くのホームセンターや100円ショップを見てみたが、100φのものが無かったので、上の写真のものを購入。
しかしながら、このステンレスバンドはノッチのピッチが大き過ぎ、バンドの端末処理も鋭利な部分も出て難しかしく、あれこれいじっている内に結局はゴミになってしまったので、廃棄してネットで「ホースバンド」で検索して見つけた店舗から下の写真のタイプを購入。

で取り付けたのが、下の写真。 ホースバンドの下には耐熱ゴムバンドを挟んでみた。



次に吸気関係。
AIカットがトルクアップに良いらしいので、AIアッシーを取り外した後の穴をふさぐプレートとガスケット、インテークマニホールド…

新型VMAX 外装軽カスタム

イメージ
たまにしか走れないのに加えて梅雨の時期なので、最近は専らいじるだけ。
VMAXに特に不満な点があるわけではないが、折角のYAMAHAの渾身の作としては、ちょっと?の所をいじってみた。
まずは、リアのフェンダーレス化。
深海 フェンダーレスキットでリアをすっきりとさせ、リアタイヤ剥き出しのイメージに。
ノーマルはリア周りも質感が高いがナンバーが目立ち過ぎて少し鼻の下が伸びた印象。
フェンダーレス化後は、リアタイヤが剥き出しで、高級感は下がるが野性味がお気に入り。
ナンバープレートは、キジマ ナンバープレートベース アルミで補強。
取り付けは特に難しくはないが、リアカウルを外す際に「クイックファスナー」を外すとあったが。意味がわからず、少し困った。そう言えば最近の設計のバイクは余り触っていなかったので、ちょっとした浦島太郎状態。

次はミラーとレバー。
ミラーは、MAXの中でも珍しい目立つ部分での汎用部品。純正ミラーは視野も耐振動性も良いのだが、なぜかクロームメッキで自己主張が過ぎる。フェンダーレスの写真を見てもローダウン・フェンダーレス化して低く構えた全体のフォルムに、ニョキッと斜めに突き出しているのが気になりだす。
まずは準純正のワイズギアのリュートミラーを見てみたが、ステーがグニョグニョしているシルエットが好きでない。そこでデイトナ BSCパラレルミラーに決定。取り付けにはマスターシリンダーと緩衝するので、デイトナ ミラーアダプターM10逆ネジ ブラック(左右セット)が必要。
新型VMAXのワイズギア部品は、非常識に高価なことが指摘されることも多いが、このデイトナミラーは珍しくワイズギア製よりも高い。
取り付けてみると、外観は締まった感じで、実用上も視界は良好である。ただし、純正よりも細かな振動が僅かに出やすく、後方確認自体には支障はないが、後方の車のナンバーは読み取れない。
純正レバーも機能は問題ないがヌルンとした形は色気が無く、ミラーがクロームでレバーがアルミ地金では色的にもちぐはぐ。
そこで、U-KANAYA アルミ削り出しビレットレバー(チタンカラー)を選択。
少しショートレバー的で調整も楽で使いやすい。


次はバッテリーチャージャー。
初代VMAXでは散々バッテリーで困らされたもので、最終型ではVMG大原の電装系強化とゲルバッテリーで解決したものの、トラウ…

新型VMAX トップカバー交換

イメージ
私のVMAXはマットブラック塗装であるが、トップカバーをサンバースト塗装のものに交換。
マットブラックも良いのだが、職人技の塗装と言われるサンバースト塗装のトップカバーが気に入って交換することにした。



このサンバースト塗装のトップカバーは写真よりも渋く深みがあり、色合いが初代最終型VMAXのトップカバーにあったフレア塗装とイメージが重り気に入った。


 元のトップカバーには、注意書きステッカーがべったりと貼られており、これが嫌だったのでが、交換を機に除去して保管する事にした。
このステッカーは剥がし難く出来ているのに対し、マット塗装は弱そうなので爪で剥がすことにしたが30分もかかってしまい爪も痛くなった。
結局最後はステッカー剥がしを利用して、WAKO'S バリアスコート でふきあげた。
マット塗装も思ったよりも丈夫な様である。



トリッカー スプロケット交換

イメージ
購入時からイメージよりも低速トルクが細く感じていたので、トリッカーのフロントスプロケットを標準の15Tから14Tに交換。


カスタマイズとしては、高速側に替えるのは通勤などの用途で、低速側に替えるのは山道やトレッキングの用途と容易に推測されるが、Webを見てみるとこの手のカスタマイズを楽しんでいる人が予想以上に多い様子。
改めて手軽にギア比を変えられるチェーン駆動のメリットを感じる。
メーカーとしては、ON/OFF共に使えるコンセプトなので、高速道路走行も視野に入れてのギア比決定をしていると思われるが、私としてはトリッカーで高速道路走行や、専用道等での長時間高速巡行は必要無く、低速がひ弱でない方が利用状況に合っているので、YSP浜松に依頼して1段階低速側の14Tに交換してもらった。

結果は大満足。
スタートのひ弱さがなくなり、自分イメージの普通のオフロードバイクになった。
1個の小さな部品を交換をしただけなのに、スタートから街中走行がとても楽しくなった。
高速側も80KM程度はストレスなく引っ張れるので、実用上の問題もなさそうである。
ただ、回転数は上がっているので高速巡行は苦しくなる。


YSP浜松で交換作業をして貰っている間に和田社長にと話していて、たまたま店に有ったSCORPA TY125-4Tに少し乗せて貰えることになった。

125ccはセカンドバイクとして最近面白そうなものが出てきているが、エンジンが小さいので相当思い切った方向に仕上げないと、単なる我慢バイクになりがちである。
で、乗ってみるとこれがいい!
まず、排気音がとても125cc 4stと思えないほど良い音である。決して五月蠅くないが低音で迫力さえある。国産250ccのバイクよりもずっといい音である。
走り出すと、トルクがしっかりしていて、アクセルを開けずとも歩くほどの速度で進むので、まさしくトライアルバイクである。保安部品がついているので、これでも一般走行に配慮をしているはずだが十分に楽しく感動モノである。
折角、トリッカーをトレッキングよりにしたのに、それでも思わず欲しくなってしまう様なバイクである。

いつもの郊外走行(新型VMAX)

イメージ
引き延ばしていたVMAXの初回点検も、流石に購入から2ヶ月以上も経過したので受けることに。
しかしながら、走行距離僅かに200kmで、悪いところもあろう筈もなく、OIL替えるんですか?と聞かれる始末。
折角なので、エンジンオイルもフィルターもデフオイルも替えてもらった。
点検後にさあ走るぞと店を出て海岸線に着く頃には、何と浜松には珍しい雪が降りだす。
軽装備だったため、頑張ったがあえなく断念、帰還。
これが3月上旬。

それからまた1ヶ月が経過して、久しぶりのVMAXでの走行。
郊外を抜けて鳳来寺山までの何時ものコース。


トンネルを抜けて、桜並木を抜け、鳳来寺山山頂へ。
バイク乗りなら慣れた視界も、乗った事のない人にはより新鮮な視界と思う。

その視界を公開しようと、Contour+をヘルメットサイドにマウントして動画を撮影。
軽量でグローブしたまま操作してハイビジョン動画を記録できる。

でも、録画を見ると実際の視界はここまで揺れてないと思うが、、、




走行の方は、MAXがトルクが十分で鼓動もサウンドも心地いいので、慣らしの回転数なんか気にしなくても、自然に慣らし完了しそうである。

DeAGOSTINI その後

イメージ
大詰めを迎えていたDeAGOSTINIのCB750、とうとう完成!


完成したモデルがこれ。



 そして、キーを差し込んでのギミックがこれ


キーは車体に付ける同スケールの小さなものと、ケースに付いているキーを両方差し込まないと通電しない。
キーを捻ると始動音が出てきて思わず「おーー」となる。始動だけでなくブリッピングもできる。
音は何れも実車の実録音とのこと。
全80巻でとうとう完成、しばらくは遊べそう。



自動車保険更新

自動車保険の更新の時期になったので、PURADOとVMAXの保険を更新。
輪っぱ乗りとしては、乗る機会が少なくても保険は責任の一端と思い保障内容は最大にしつつ、保険料は節約し手間も省きたくて最近は三井ダイレクトに集約をしている。

PURADOは、既に保険等級が上限の20等級なので、継続でも保険料は変化ないと思っていたが、下記の通り保障内容を少し上げて上限にしたにも拘らず安くなった。

・ 継続前 20等級 81,870円
・ 継続後 20等級 76,950円

一方、VMAXは、新型車両になりABS割引などが追加され、保険等級も上がり、補償内容は同等の更新なので、PURADO以上に安くなると思いきや、逆に可也の値上げとなった。

・ 継続前 09等級 45,600円
・ 継続後 10等級 53,980円

調べてみると、「損害保険料率算出機構」が、6年ぶりに保険料の基本となる参考純率を全体で5.7%ほど上げたことによって各社値上げした様だ。
最近の若者のクルマ離れや、顕著なドライバーの高年齢化、さらに、車種ではコンパクトカーへの移行等が原因とのこと。

これにより、保険料が高かった若者の加入が減り、事故を起こすことが多い高齢者の割合が増え、さらには保険料の安いコンパクトカーが増大して各保険会社の収支バランスが崩れたとの事である。

そう言う中でPURADOは逆に安くなったと言う事は、企業努力の他にそもそも私の年齢層とこの車種の組合せでの事故率が低くなっていると言う事か。
だとすると、VMAXの属する自動2輪は事故率が相当高いと言う事になる。

ちなみに、TRICKERの方は、更新時期ではないが車両追加して間もなく等級が7等級であるにも拘らず、250cc未満ということで30,340円とVMAXに比べるとかなり安い。
また、他社から三井ダイレクトに乗り換えて35%も安くなった経緯もある。

何れにしても事故を起こさない、巻き込まれない事が何よりである。

プラド 2年点検

イメージ
今日は車の2年目の定期点検。
ハガキでも案内を送ってくるが、カーナビも点検の案内を喋ってくる。
今乗っている車は2010年式 V6 4000cc の ランドクルーザープラドである。
走行距離は2年で11,980km、特にここ半年は事務所が街中に移転(徒歩圏内)した影響で、2,000kmに満たなかった。
車の方は、丈夫で世界的に有名なランドクルーザーらしく、何の不具合も無かったが、走行距離が少な過ぎて充電の間が無い事からバッテリーが弱っていたので、2段階容量の大きい新型バッテリーに交換。


画像のモニターでは燃費が5.1Km/lとあるが、まぁこんなものである。昨今のエコカーでは考えられない数値ではあるが、現実的には今の走行距離だと燃費が2倍や3倍の車が出てきても、経済的には買換えの動機にはなり得ない。
しかしながら、これでも先代の2004年型 V6 3400ccの ランドクルーザープラドよりも、1,2割は燃費が良くはなっている。
ランドクルーザーも流石に次期モデルはダウンサイジングや電化だろうか。
 自家用車は、このプラドで7代目だが、プラドにしてから明らかに運転のスタイルが変わった。
それまでの車では、時々飛ばしたり、山道を楽しむ事もあったが、今は良く言えばクルーザー的運転になり、見通しの効く高い視点で安全に巡行することが心地よく、自然にちょこまかはしたくなくなる。
お陰で、ゴールド免許は安泰。(残るリスクは・・・バイク)
時々、自転車を2台積んで、息子と浜名湖岸にサイクリングなどに出掛ける事もあり、たまには子供の友達たちを定員の8人まで乗せてワイワイ出掛けたりもする。
そんな時はフルサイズのランドクルーザーやHUMMERなども良いとも思うが、日常的には街中の駐車場や路地、通勤などを考えるとこのサイズが最早限界のサイズ。駐車場でドアが開けられない事もしばしば発生。
ナビは仕事柄、勿論トヨタ純正! 当然近所でもナビを使う。走行時間よりも操作時間が長いことも時々・・・。それにしても差分更新は便利だな~。

DeAGOSTINI

イメージ
週刊で部品付きの雑誌が販売され、とり続けるとオブジェクトが完成するという有名なDeAGOSTINI。
以前、同様の付録付き週刊誌で大型のラジコンバギー車を子供と楽しみにしながら取り始めたことがあったが、途中で廃刊となり手元には一組のタイヤとサスペンションしか残らず、裏切られた記憶があった。
が、今回は業界トップの雑誌社からのバイク関係であることから、CB750をとり始めた。
http://deagostini.jp/hcb/
「創刊号は690円」と言うあれである。
創刊号は690円の雑誌に、部品の中でも一番特徴的でコストの高そうなタンクが付いてくるので、衝動買いする人も多そう。



1/4スケールのモデルはめったに無い大きさで、材質も金属部分が多く、単体のスケールモデルとして見ても魅力的。
車検もガレージも要らない!!\(^o^)/
定期購読を申し込んだので、デフォルトで2週間毎に2冊づつ送付されてくる。
しかしながら、80巻で完成なので80週、約1年半かかる。
週によっては、部品を取り出して保管するだけの号もあり、じれったいこともあった。



記事の方も、CB750FOURだけにとどまらず、時代背景や技術、他メーカ商品なども掲載され、YAMAHAやVMAXも掲載された。
ただ、仕方ないけれど、掘り下げは浅い。


途中、2回ほど部品を破損させてバックナンバーを取り直したし、組立指示が不十分なところを適当に進めたことで先々で不都合が起きてメインフレームを曲げ加工する羽目にもなったが、72号でやっと自立するようになったので記念写真。






後残すところ2か月程度、完成が楽しみ。
でも、VMAXは出ないだろうな・・・