トリッカー 購入

2010年の秋まではVMAX1200の1台体制だったので、郊外にバイクで出かける時は、当然VMAX1200での発進となるが、出かけてみると何時もと違う道にも入りたくなり、苔むした舗装路や轍のある未舗装の山道に入り込んでしまうことが何度かあった。そういう時は昔乗ったオフロードモデルが懐かしかった。
そういう時に、なんと中古車より安い新車を、しかも近所でたまたま目にしたので、迷わずショップに入った。
MAXとは対極のスリムなバイクで、前からスタイルが気に入っていたトリッカー。
メーカー希望価格は¥457,800だが、出会ったバイクは新車でなんと¥299,000!。しかもカラーは好みのオレンジカラー。
中古でも高年式なら30万円は超える相場、聞けばメーカーとの販売保障数を達成するための特
別価格との事。消費者としてはラッキーだけれど、ヤマハOBとしてはヤマ発の苦境も感じられ心配でもある。
ともあれ、これも縁だし好きな車種でもあるので購入し、めでたくMAXとの2台体制に。

さて、跨ると無意識にキックを探してしまう。昔乗っていたXT200、TY125、DT125、TLR200などのオフロードバイクの染み付いた記憶が、無意識にオフロードバイクを思い出させて反射的にキックをさせようとする。(MAXでは決して探さない!)
走らせてみると、これが見事にクルクル回って実に爽快。タイトなワインディングロードでは無敵だったXT200の爽快な走りが思い出されるが、それよりも圧倒的に静かで低振動、FIの効果かアイドリングも安定していて流石に現代のバイク。景色を堪能しながらトコトコ走っても快適。オフロードの走行も楽しみだが、街中も日常で気楽に乗れそうなので、セカンドバイクながら乗車頻度は絶対に此方が上になりそうな予感。

コメント

このブログの人気の投稿

新セカンドマシン KLX125 アドベンチャー

WR250X カスタマイズ シート&ローダウン編

WR250X ヘッドライト カスタム最終形 レイド仕様